感動しない男が感動したおすすめ本「妻に捧げた1778話」あらすじ・感想|眉村卓

本当に感動するのか?半信半疑で読んでみることにした。
きっかけは、アメトーークの読書芸人で今やクイズ番組、数々のバラエティー番組で活躍中のカズレーザーさんが「15年ぶりに泣いた」とおすすめしていたことだった。

帯に「感動した!」「書店員が泣いた!」などと書かれた本で泣いたことがない私なので、今回も半信半疑でしたが、泣くイメージのないカズレーザーさんが泣いたということもあり興味が湧いて読んでみました。

結果…「感動」しました。
末期ガンの妻に一日一話ショートショートを書き続けた夫、戦い続けた妻に感動です。

MEMO
ショートショートとは、小説の中でも特に短い作品のこと。 簡易的に「短くて不思議な」小説とされることもある。 定義は諸説あり、短編小説や掌編小説、ショートストーリーとは異なる独自のジャンルといわれることが多いが、それらを区別しない場合もある。

あらすじ

余命は一年、そう宣告された妻のために、小説家である夫は、とても不可能と思われる約束をした。しかし、夫はその言葉通り、毎日一篇のお話を書き続けた。五年間頑張った妻が亡くなった日の最後の原稿、最後の行に夫は書いた──「また一緒に暮らしましょう」。妻のために書かれた1778篇から19篇を選び、妻の闘病生活と夫婦の長かった結婚生活を振り返るエッセイを合わせたちょっと変わった愛妻物語。

「Book」データベースより

余命は一年。残された時間は僅か。
そんな中、夫は約通り毎日毎日一話ずつ小説を書き続けた。

一年と言われた妻は5年も頑張り、夫の書く小説をいつも楽しみにしていた。
少し変わった物語から感情的な話まで作家の夫ならではの斬新なお話が繰り広げられていく ─。 

感想

夫婦の強い絆・愛情が感じられる一冊ですが、なにより夫婦だからといってすべてを知る必要もないし、把握する必要もない。生きる根幹・目指す方向が同じであればそれでいいという事を教えてくれた。

読む前から分かってはいたが、やはり切ない。
5年間小説を書き続けた夫に、5年間ガンと闘い続けた妻、この年月はとても切なく悲しいはずなのに、そこから優しさが伝わってくる。

1997年7月16日から書き始めたお話も、妻が亡くなる2002年5月28日の1778話で最後となった。「1778」という数字がリアリティさを出していて切なくなってきます。

いろんな設定の話を書いていたのに、最後の3話ぐらいは眉村さんの抑えきれない感情が溢れていて、眉村さんの妻・悦子さんへの愛を感じました。

自分にはこんなにまっすぐ、そして優しくそばにいてくれる人ができるだろうか。読み終わった後、ふとそんな願いが出てきました。

ショートショートだけでなく、つなぎにある生活描写やエッセイなども合わせて良い一冊になっていますのでぜひ、読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA