アウトドア用ケトル人気7選!【キャンプにおすすめ人気ケトル】

キャンプ場でコーヒーを飲んで一息…。
こんな光景憧れますよね。

キャンプやアウトドアの醍醐味ともいえる優雅なコーヒータイムやなぜか外せないインスタントラーメンなど、アウトドアには何かとお湯を沸かすことがあります。

そんな時に活躍するのが「アウトドア用ケトル」です。

この記事では、これからキャンプを始める上でケトルの購入を検討されている方に向けて、ケトルの選び方やおすすめ商品をご紹介していきたいと思います。

アウトドア用ケトル人気7選!【ケトルの種類・タイプ】

アウトドア用のケトルと言っても種類・タイプは様々です。

それぞれに特徴があり、使用するシーンによって適したタイプが異なります。
勝手から後悔しようように今のうちに特徴を抑えておきましょう。

主なタイプなこちらの3つです。

  • 縦長ケトル型
  • 横長やかん型
  • 寸胴型

縦長ケトル型【焚き火などで直火ができる!】

焚き火に直火などの最もキャンプらしい使い方ができるタイプです。

容量も大きいものが多く、一度にたくさんのお湯を準備できるので
ファミリーキャンプや大人数でのキャンプにおすすめです。

吊り下げようハンドルやサイドに取っ手もついているので
お湯を入れるのもラクで使い勝手の良いタイプです。

横長やかん型【コンパクトでソロキャンプにおすすめ】

「横長やかん型」の特徴は、サイズが小さくコンパクトなので
お湯が沸くのが早い
ことです。

バーナーで火をあてることを想定して作られているので
底が平らで広くなっており、火がまんべんなくあたることで
スピーディーな湯沸かしが可能です。

ソロキャンプや少人数でのキャンプにおすすめのタイプです。

寸胴型【クッカーとしての使える汎用性】

寸胴型の特徴は、クッカーとしても使用できることです。

クッカー鍋にふたと注ぎ口が付いているので
お湯を沸かすことはもちろん、そのまま調理することも可能です。

また、容量が小さいものから大きいものまで幅広くあり
使わないときには中にギアを収納出来たりするので便利です。

アウトドア用ケトル人気7選!【素材の違い】

タイプの違いをお伝えしましたが、
アウトドアで使用するケトルにはもう一つ欠かせないポイントがあります。

それが「素材」です。

素材によって、沸騰するまでの時間や
耐久性などが変わってきるのでここも抑えておきたいポイントです。

主な素材はこちらの3つです。

  • アルミ製
  • ステンレス製

アルミ製【軽くてスピーディーな湯沸かしが可能】

最も軽量で使いやすいのが「アルミ製」ケトルです。

耐久性などは置いて、軽さと使いやすさ重視で選ぶなら
間違いなくアルミ製をおすすめします。

コンパクトで軽量のため荷物を減らしたいソロキャンプなどに
人気の素材
です。

熱伝導率の高く、すぐにお湯が沸くのも人気のポイントです。

ステンレス製【耐久性に優れたキャンプに最適な素材】

丈夫さで選ぶなら「ステンレス製」が頭一つ抜ています。

キャンプではおなじみ、焚き火などの直火で使用しても全く問題なくお湯を沸かすことができる耐久性を持っているのが一番の特徴です。

また、ステンレスのピカピカを維持してもいいし
真っ黒にして味が出すなど人それぞれの楽しみ方ができるのも魅力的です。

銅【圧倒的な湯沸かしスピード】

金属の中でも熱伝導率が最も高く、
沸騰までのスピードが断トツで早い
のが「銅」です。

また、耐久性にも優れていて長年使用できるのも愛され続けている理由です。

銅なので使えば使うほど味が出て、ススが付いて黒くなった部分と銅の光沢が残っている部分のバランスが良い雰囲気を演出してくれます。

アウトドア用ケトル人気7選!【キャンプにおすすめ人気ケトル】

ケトルの種類や選び際のポイントをお伝えしてきましたが
ココからはおすすめのケトルを紹介していきたいと思います。

実際に使っていた経験やキャンパーからの声などを踏まえて
7つの厳選しておりますので、これから購入を考えてる方は参考にしてください。

Coleman(コールマン): パッカアウェイケトル

まず初めにおすすめするのは、コールマンのパッカアウェイケトルです。

芸人で最近ではキャンパーとしても話題になっているヒロシさんが10年以上も愛用しているキャンプ用ケトルで、サイズ感・軽さなどソロキャンプには最適です。

アルミ製なので軽く、容量も1~2人用程度なので持ち運びにも便利です。

■サイズ:約15×13×8(h)cm
■重量:約150g
■材質:本体/アルミニウム、ステンレス、シリコン
■容量:約0.6L

LOGOS(ロゴス):ザ・ケトル750㎖

アルミ製のシンプルでシックな出座アインが魅力の
ロゴス「ザ・ケトル」です。

容量が1.4ℓもあるので選択が可能でが
今回は少人数におすすめのサイズ750㎖を紹介します。

表面はハードアルマイト加工を施しているので
耐久性に優れ、傷がつきにくいケトルになっています。

軽さ・傷のつきにくさ・沸騰までのスピードと正に三拍子そろった
おすすめケトルです。

■サイズ:15×6.2cm
■重量:約150g
■材質:本体アルミニウム/ハードアルマイト加工
■容量:約750㎖

UNIFLAME(ユニフレーム):山ケトル900

超軽量ながら容量が0.9ℓのある
ユニフレームの山ケトル900です。

アルミ製の特徴を存分に生かしたケトルで
軽くてお湯が沸くのが早く使い勝手の良いケトルです。

3~4人ほどでも使用できるのでおすすめです。

■サイズ:16.5×7cm
■重量:約188g
■材質:アルミニウム
■容量:0.9L

Coleman(コールマン):ファイアープレイスケトル

コールマンの縦長タイプのケトル「ファイアープレイスケトル」です。

ステンレス素材なので焚火に直火の高火力でも問題なく使用でき、注ぎ口は水圧で開く構造なので焚火のススが入る心配もありません。

吊り下げ用のハンドつが付いているので焚き火での湯沸かしもラクラクで、容量も1.6ℓあるので一度にたくさんのお湯を沸かすことも可能です。

キャンプの雰囲気をより感じたい人にはおすすめのケトルです。

■サイズ:13×22×23cm
■重量:570g
■材質:ステンレス
■容量:1.6L

snow peak(スノーピーク):クラッシックケトル1.8

キャンプやバーベキューに最適な大容量縦長ケトル
スノーピークの「クラシックケトル」です。

水圧式の注ぎ口で灰やススが入りづらく、
蓋がロック機能付きなのでとても便利にお湯を使うことができます。

容量も1.8ℓあるのでファミリーキャンプや大人数でのキャンプでも十分に使用することができおすすめです。

ステンレス素材なので耐久性に優れているので安心ですね。

■サイズ:11.5×24.7cm
■重量:690g
■材質:ステンレス
■容量:1.8L

snow peak(スノーピーク):ケトルNo.1

スノーピークから寸胴型のケトル「ケトルNo.1」です。

寸胴型なので、場合によってはクッカーとしても使用できるので、インスタントラーメンなどの調理も可能です。

また、ケトルNo.1はサイズ感がソロキャンプにはピッタリなので人気が高く、取っ手を折りたたんで収納できるのもおすすめのポイントです。

汎用性、性能を兼ねそろえたおすすめケトルです。

■サイズ:12×8cm
■重量:255g
■材質:ステンレス
■容量:0.9L

LOGOS(ロゴス):たためるケトル

最後に斬新なアイデア商品を1つご紹介、ロゴスのたためるケトルです。

シリコン素材で作られたケトルで
そのままペチャンコにして収納することができるので場所も取らず、とても便利です。

容量も1Lあるので複数人でのキャンプでも十分に使用することが可能です。

また、底の部分にはステンレス素材が採用されているので
バーナーやコンロにもそのまま火をかけることができるのでおすすめです。

価格もリーズナブルなので今、一押しのケトルです。

■サイズ: 21×14.5×13.7cm
■重量:400g
■材質:シリコン/ステンレス
■容量:1L

まとめ

いかがでしたか?

ケトルはキャンプには欠かせないアイテムです。
クッカーとは別にケトルがあるとすぐにお湯を沸かすことができるし何かと便利なので一度検討してみてください。

タイプ別、素材別で使うシーンを想像して
適したケトルを購入するようにしてください。

それでは、ステキなアウトドアの旅を~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA