テントの種類と選び方【キャンプ初心者必見!おすすめテント5選】

キャンプやアウトドアを本格的に始めようとしたとき
必ず必要になるのが”テント”ですよね。

テントと一言で言っても
「安いものだとすぐに壊れそうだし…。」
「高すぎても手を付けにくいし…。」

どうすればいいのか分からない!という方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたのために、テントの種類や選び方を簡単にお伝えし、
今おすすめのテントを5つご紹介していきます。

キャンプやアウトドア初心者の方でも、これさえ見れば大丈夫というような内容になっているので最後まで読んでみてください。

テントの種類と選び方【キャンプ初心者必見!おすすめテント5選】

テントにはソロキャンプ用やファミリーキャンプ用と人数によって大きさは異なりますが、それ以前にテントの形状に違いがあります。

今回は大きく5つの種類に分けてご紹介します。

  • ドーム型テント
  • ティピー(モノポール)型テント
  • ルーム型テント
  • ワンタッチ型テント
  • ロッジ型テント

ドーム型テント

「ドーム型テント」は最も一般的でポピュラーなテントです。

大きさも一人用からファミリー用まで幅広く、構造もポールをクロスさせて強度を出しているシンプルな造りになっています。

組み立てやすく、居住スペースも広いというバランスの取れたドーム型テントは初心者や女性を中心に人気の高いテントとなっています。

コールマンはアウトドアメーカーでも人気の高いメーカーです。
他の商品も豊富なのでまとめてそろえるのも良いと思います。

ファミリー用のテントになると、少し値段が高くなりますが、
安くて壊れやすいテントを買うより、一度買ってしまえばずっと使えるものを買うことをおすすめします。

ドーム型テントおすすめ7選【2020最新トレンド・キャンプ初心者】

ティピー(モノポール)型テント

「ティピー型テント」は屋根が尖がっている特徴的なテントです。

構造がペグを打ち込んで、真ん中にポールを立てるだけの非常にシンプルな構造なので設営がとても楽になります。

室内の広さや強度を考えると、ドーム型より少し劣りますが、個性的で好きな人にはたまらないデザインになっています。

ルーム型テント

「ルーム型」通称「トンネル型」とも言われていますが、
その名の通り、トンネルのように長い形状になっています。

ツールーム型と言われる、リビングと居住スペースが分かれているタイプが近年最も人気になっています。

少し設営にはコツがいりますが、作業自体は難しくないので初心者の方でも大丈夫です。また、タープがなくても雨風をしのぐスペースがあるので、ファミリーや複数人でキャンプを楽しむ際におすすめです。

ノルディスクの「レイサー6」とDODの「カマボコ」は王道中の王道です。
性能の良さと、使いやすさから今なお高い人気を誇っています。

ワンタッチ型テント

「ワンタッチ型テント」は何と言っても設営の簡単さが魅力です。

自立式のテントで、ものによってはペグを打ち込むだけで完成するテントもあるので設営になれていない人や、テントの設営に時間を取られたくない人におすすめのタイプです。

ただ、他のテントより少し重量が重いのがネックです。

ロッジ型テント

「ロッジ型テント」は形としては一番家に近いテントです。

テントと言えば丸いイメージがありますが、ロッジ型はほぼ長方形のような形をしているので、室内も無駄がなく、使いやすさ抜群のテントです。

90年代当たりのまま今もなお人気の高いタイプです。
有名ものでogawaやコールマンのオアシステントがあります。

テントの種類と選び方【見るべき4つのポイント】

テントはそこそこ良い値段もするし、
家においていると場所を取ってしまうものです。

だからこそ、買ってから後悔しないためにチェックしたいポイントが
4つあります。

それがこちらです。

  • 値段(価格)
  • 設営のしやすさ
  • テントの機能性

値段(価格)

値段は一番気になるポイントですよね。
なるべくや安いものを買いたいという気持ちも分かりますが、
テントは機能性や耐久性がそのまま値段に反映されているといっても過言ではありません。

そのため、1万円を切るような安価なテントの場合、雨風に耐えられなかったり、すぐに壊れてしまったり耐久性に難があることが多いです。

ソロキャンプなら安価なテントでもいいと思うのですが、
ファミリーでキャンプを楽しむ場合は少し高めのテントを買うことをおすすめします。目安は3万円~5万円ほどです。

あとは機能性やサイズによって値段が上がっていきますね。

設営のしやすさ

設営のしやすさも重要なポイントですよね。

特に初心者の方や慣れてない方だと設営に時間に取られてしまい、楽しいというよりも大変という思い出になってしまいます。

上で紹介した5種類のテントで言うと、
設営が比較的簡単なのは「ドーム型」「ティピー型」「ワンタッチ型」になります。どれもサッと設営ができて、すぐに拠点を確保できるのでお子さんがいる場合でも難なく設営が可能です。

少し設営にコツがいるのが「ルーム(トンネル)型」「ロッジ型」です。
ですが、作業自体は複雑ではないので慣れてしまえばすぐに設営できるようになります。

テントの機能性

値段や設営のしやすさに気を取られて忘れてしまいがちなのが「機能性」です。

基本的には3万円前後のものであれば最低限のスペックは完備されていますが、
季節によってはスペックが足りない場合が出てきます。

夏の暑い時には「通気性」に特化しているテントが必要だし、
雨の多い時期だと「耐久性」が必要になってきます。

テント内で快適に過ごすためにも「値段」や「設営」だけではなく
「機能性」も考えて買うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

キャンプを楽しむためにもテントはとても重要なアイテムです。

近年では設営がしやすくてある程度頑丈というのは当たり前になってきているので多少のことは心配ないと思いますが、自分のキャンプスタイルに合わせて、買うのが良いですね。

それでは素敵なキャンプを楽しんでください。

【初心者必見】キャンプ必需品リスト!これさえあれば大丈夫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA