サーフボードのサイズとは?初心者必見のサーフボードの種類と選び方

さぁサーフィンを始めよう!

と思ってもサーフボードがなければサーフィンはできませんよね。
サーフボードに関してはポイント近くにあるショップなどでレンタルすることができますが、やっぱり自分愛用のボードを一つは持っておきたいものです。

ですが、ボードっていっぱいあるから何を買えばいいのか分からない
という方も多いのではないでしょうか?

私自分、サーフィンを始めようと思ってショップに買いに行ったときに
種類の多さにびっくりして迷いまくった経験があります(笑)

ということで初心者の方でもわかりやすいように簡単にボードの種類やサイズ、特徴などをまとめて解説していきますので買う前にチェックしてみてください。

サーフボードのサイズとは?初心者必見のサーフボードの種類と選び方

サーフボードには細かく分けると数多くの種類があって
ビッグウェーブ専門のボードや、小さな波用のボードなども存在しますが、

この記事では、初心者の方が一番最初に買うべきボードに絞ってお伝えしていきたいと思います。

その3つがこちらです。

  • ロングボード
  • ショートボード
  • ファンボード

ロングボード

”早く波に乗る感覚を掴みたい”

という方におすすめなのが「ロングボード」です。
長さ・浮力・幅・厚みすべてが備わっているのでパドリングも楽に出来て、初心者の方でも簡単に波に乗ることができるボードです。

いきなりショートボードに挑戦して
乗れないとサーフィンが面白くないと感じてしまうかもしれません。

まずはロングボードで波に乗る気持ちよさ、サーフィンの楽しさを知ってから徐々にショートボードに挑戦してみてもいいのではないでしょうか。

ロングボードについて
長さ:9’0(274cm)以上のボード
何より安定感があるので初心者でもすぐに乗りこなすことができるが
274cm以上という長さから持ち運びや家での保管がしにくいというデメリットがある。

ショートボード

サーフィンと聞いてイメージするのがこの「ショートボード」だと思います。

小さくて、薄くて、先が尖っているため、高い機敏性に優れていて、サーフィンにおける色々な技・テクニックに挑戦できるボードです。

プロサーファーなどが繰り出すカッコいい技には誰もが憧れますよね。

初めからショートボードに挑戦するのは少し難易度が高いように感じるかもしれませんが、きっちりと「長さ」と「浮力」を考えて選べば問題なく乗ることができます。

それでもロングボードや次に紹介するファンボードに比べると
やはり難易度は上がるので要検討といったところですね。

ショートボードについて
長さ:約160cm~190cmまでのボード
軽くて短いので持ち運びや保管もしやすく、サーファーから人気の高いボード。その反面、浮力が少なくなるので初心者の方やパドリングが弱い方にとっては少し難しいボードです。

ファンボード

最後に紹介するのは「ファンボード」です。

ショートボードとロングボードの丁度中間に位置するボードで
初心者人気の高いボード
です。

早く波に乗りたいけどロングボードほど大きいものはいらない
といった方におすすめで、比較的浮力もあるので乗りやすいと思います。

ファンボードについて
長さ:約200cm~270cm
ロングボード、ショートボードの3つの中で一番バランスの取れたボードのため、人気が高くなっています。
初心者の頃はいいのですが、すぐに乗れるようになってしまうと少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。

サーフボードのサイズとは?【サイズの見方と選び方】

サーフボードをいざ買おうと思って長さを見てみると
「〇’〇〇”」みたいな感じで結局何cmなのかよくわからないですよね。

基本的にサーフボードは「フィート」と「インチ」で表記されています。

1ft(フィート)=30.48cm
12inch(インチ)=2.54cm

例えば、ショートボードの長さが「5′ 6″」と表記されていれば
計算の仕方は(5×30.48)+(6×2.54)=167.64cmになります。

ショートボードを買おうと思ってる方は、しっかりと計算をして
初めは自分の身長よりも大きいボードを買うことをおすすめします。

「長さ」のほかにチェックしたいのが「体積」です。
体積で「浮力」が決まるのでサーフボードを買う際はとても重要なポイントです。

ロングボードやファンボードの場合は体積(L)が大きいので問題ないのですが、ショートボードの場合はここをしっかり見ないと浮力がなくて波に乗れないという事態になってしまいます。

自分の体重の何%かで判断することが多いです。

上級者:30%~35%
中級車:40%~50%
初心者:50%~70%

一つの目安になりますが、初心者の場合は体重の50%くらいはあったほうが良いと思います。

サーフボードを選ぶときは「長さ」と「体積」をよく見るようにしてください。
慣れてくると幅や厚みなど細かいところまで見るようになりますが、初めはこの2つを見ておけば問題ありません。

まとめ

いかがでしたか?

サーフボードの選び方次第であなたのサーフィンが大きく変わるといっても過言ではありません。

初めに難しいショートボードで練習するのもいいですが、
それで中々乗れなくてサーフィンが嫌になってしまうのは少し寂しいです。

上でお伝えしたことを守って選んでいただければ大丈夫なので
あなたにあったボードを買ってみてください。

それでは、素敵なサーフィンライフを

サーフィンのルールとマナーとは?【初心者必見の基礎知識】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA